茶道で使われる抹茶ってどんなお茶?

皆さん、こんにちは。

今日は茶道に欠かせない「抹茶」について、ご説明しますね。

茶道で使われる抹茶には、種類が2種類ありますので、この記事で両方ご紹介します。

 

そもそも抹茶はどんなお茶?

 

ではまず最初に抹茶とは、どんなお茶の事を指すのかをご説明します。

「え?抹茶だからお茶でしょ?」と言われるかと思います。(汗)

確かにお茶なのですが、緑茶と製造工程が違いますので、ここでご紹介しておきます。

 

抹茶は緑茶の一種で、茶道に使われるお茶です。茶道のお茶は苦いというイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。

先にいただくお菓子で甘くなった口の中を抹茶がスッキリとさせてくれます。

抹茶はチャノキの葉を粉末にしたもので、葉を蒸してから乾燥させて砕いて葉脈などの不純物を取り除き、さらに茶臼でひいて粉末状にしたものです。

皆さんが飲む回数が多い煎茶は、茶葉を湯に浸して成分を抽出したものですが、抹茶は、湯を加えて撹拌(かくはん)して茶葉ごといただきます。

江戸時代には茶臼でひきたてのものを使っていましたが、現在では茶会の前日に茶臼でひいたものを使用しています。

抹茶の種類が2種類あり、濃緑色の濃茶と、鮮やかな青緑色の薄茶があります。

 

薄茶と濃茶の違いは?

実は茶道には、2種類のお茶・点て方があったんです。

「薄茶」それはと「濃茶」です。しかし抹茶を使う事に変わりはなく、その違いは立て方や飲み方、分量にあります。

一つずつご紹介していきます。

まず、皆さんがよく目にする「薄茶」

「薄茶」は見たことある方は多いと思います。

抹茶カフェに行き抹茶セットなどを注文すると出てくるのが、この薄茶です。

人数の多い茶会や禅寺のもてなしの際には、1人分ずつお茶を点てます。薄茶の前には干菓子が出されますが、生菓子を出すことも多いです。

茶杓1杯半の抹茶を茶碗に入れ、柄杓半分の量のお湯を注いで、 茶筅で撹拌(かくはん)します。

 

その立て方は流派によって違います。

裏千家は、泡がこんもりとたつように点て、

表千家と武者小路千家は、泡をあまり作らず表面の7~8割程度で「池」ができるように点てます。

 

次に「濃茶」です。

濃茶を目にされた方は、あまり多くないと思います。

その点て方と飲み方は、先ほどご紹介した薄茶とは大きく異なります。

濃茶は茶杓3杯強を茶碗に入れ、柄杓でお湯を数回に分けて注ぎ、抹茶とお湯を馴染ませるようにして練り上げてから点てます。

茶事や茶会などでは、人数分の抹茶を1つの茶碗に点てるので、お湯を数回に分けて茶筅で湯と茶を練りあわせ満遍なく馴染ませる必要があります。

この湯を「適量」注ぐのが難しく、少ないと茶筅に茶がこびりつき、多いとお湯と茶がうまく混ざり合いません。

茶と湯が滑らかに混ざりあったところで、飲みやすい濃さになるように、湯を足してさらに練り上げます。

「薄茶」が「点てる」という事に対して、「濃茶」は「練る」と言います。

濃茶は、3~4人程度で回し飲みをしますので、たっぷりのお茶を使って練ることになります。

抹茶の量に対して、お湯の量は少ないので、「濃茶」はかなりドロッとしています。

飲み方は濃茶はお正客から回し飲みをしていきます。(お正客については別途ご紹介します)

そして飲む量ですが一人分は「三口半」と言われていますので、その分量を飲むと、次の客に回していきます。

回し飲みですので、飲み終わった後飲み口を清めたり、前の人と違うところで飲むなど「清潔」には配慮されていますが、

その方法は流派によって異なっています。
(飲み口を清める時に、懐紙を使います)

1つの茶碗で客人全員が飲みまわすので、大人数での茶会には向いていません。お茶と共に出されるお菓子は主菓子とよばれる生菓子になります。

また、「濃茶」をお点前は「薄茶」と違って格が上なので、特別なお茶会でしか点てる事はないと思います。

 

まとめ

 

今回は「抹茶の種類について」ご紹介してきました。

「濃茶」をご存知の方は、あまりいらっしゃらないのではないでしょうか?

「薄茶」は茶道体験やカフェ等で飲まれる方は多いと思いますが、「濃茶」は茶道を習わないと中々、目にする事はないと思います。

それだけ濃茶のお点前は格が高く、特別なのです。(例えば三千家の家元が初釜の時に点てるなど・・)

私自身も濃茶のお点前をするようになったは、習い始めて数年経ってからでした。

最初は緊張しましたし、当然の事ながら上手く練る事が出来ませんでした。

それだけ濃茶の点前は格が高く、特別な時にしかやらないお点前です。

また濃茶のお点前にも様々な種類がありお点前にも格があったりします。

稽古をしてもらえるようになるのに、数年かかる事がほとんどですので、濃茶をお点前をする前に茶道自体を辞めてしまう人もいるかもしれません。

ですが、濃茶のお点前が出来るようになる事を目標にすれば、茶道を続けるモチベーションアップにもなるかと思います。

せっかく日本文化の一つである茶道を始めたのですから、無理せず楽しみながら続けて頂ければ嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。