女性の教養として、茶道は学ぶべき??

皆さん、こんにちは!

7月ももうすぐ終わりに来ていますね。

8月に入ると、ますます暑くなってきますので、熱中症対策は十分にしておきましょう!

私も実は、つい最近家の中で熱中症らしき症状に襲われました・・。

クーラーの効いてる室内だからといって油断は禁物ですね!!

では、今回のテーマは「女性の教養として、茶道は学ぶべき?」について、お話していきます。

多くの女性が「茶道=女性の教養」と考えてるかもしれませんが、なぜそう思うようになったのか、歴史についてもご紹介していきます。

 

女性が茶道をするようになった理由は?

 

まず皆さんは、「茶道をしている女性」はどんなイメージを持たれていますか?

恐らく「礼儀作法をきちんと分かっている人」「お金持ち」「まじめな人」「古風な人」「教養がある人」「和菓子が好きな人」などがあるかと思います。

中には、「茶道って男性もするのですか?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

まずは女性が茶道をするようになった理由から見てきます。

 

このブログでも記事にしましたが、茶道の歴史はとても古く鎌倉時代にまで遡ります。

日本に禅を伝えた栄西という僧が中国からお茶を持ち帰り、九州に植え、そこからお茶の栽培と飲む習慣が普及していきました。

その後、様々な時代の流れを受けて、皆さんご存知の千利休が茶道を完成させました。

茶道の歴史を見てみると、千利休を始め、村田珠光や武野紹鴎、また小堀遠州など、その名を残して来たのは全て男性ばかりです。

そうです。もともと、茶道を作ったのは男性でしたので、男性がするものでした。

そして、現在の茶道の家元(三千家)も全員男性なのです。

では、いつから女性がするものとして変化していったのでしょう?

ターニングポイントは明治時代で、2つの理由があると言われています。

詳しく見ていきましょう。

 

時代の流れを受けて変化した茶道文化

 

明治時代の日本は、文明開化の影響を受けて西洋の思想、風俗、生活習慣が取り込まれるようになりました。

それまで畳の上で正座をして茶道をすることが一般的でしたが、明治時代に外国人の方を招くために椅子に座ってお茶をいただく「立礼」(りゅうれい)というスタイルが裏千家によって、編み出されたのです。

 

実際、1872年の博覧会にあわせ外国人を迎える為に正座ではなく、椅子に座って行う茶道を裏千家が考案しました。

 

そして、この「立礼」スタイルは、畳で正座をしてお茶を頂くものではありませんので、海外の方で正座をする習慣がない場合でも、椅子に座って茶道を楽しむ為に現在でも多くのお茶会で取り入れられています。

 

 

 

女学校に取り入れられた茶道

もう一つの理由は、女学校で茶道が取り入れられた事が大きいです。

茶道を一番最初に女性の教育で取り入れようとした女性がいます。

その方は、跡見花蹊氏(あとみかけい)という人です。

明治8年に開講した跡見女学校で、茶道を女性の教育の一環としてカリキュラムに取り入れたのです。

そして戦後になって、裏千家の当時の当主 14代淡々斎碩叟が茶道の学校教育への導入を働きかけた結果、現在の学校のクラブ活動で教えられる茶道の大半は裏千家となりました。

 

実はそれまで、茶道は礼儀作法として位置付けられていませんでした。

しかし、上記のように女性教育の一環として茶道を学ぶことで、「人に対する思いやりの心」「美しい所作」を身につけようという考え方が、徐々に広まってきたのです。

これらの事から分かるように、茶道の歴史自体は鎌倉時代や室町時代から始まっていますが、女性がその歴史の中に入ってきたのは、ごく最近の事なのです。

以上のような歴史があるので、茶道のお点前は男性と女性で異なっていますので、お点前でも男性手前があったり、使う袱紗や道具も区別されるようになりました。

 

まとめ

 

今回は、女性が茶道をするようになった歴史についてでした。

女性が茶道をするようになったのは明治時代からで、その歴史は意外と浅いのです。

皆さんは、「女性の教養として、茶道は学ぶべき」と思いますか?

私は、日本文化や礼儀作法を学ぶという点において、女性だけではないと思います。

今でこそ茶道は女性の嗜みと一つと考えられていますが、最初は男性から発信された物で、現在の三千家の家元は全員男性です。

要所要所では、男性主流に変わりはないと思いますし、作法を知る事に性別は関係ないと私は考えます。

ですが、女性の方が感受性が強いと言われていますので、道具やお点前で季節の変化を感じ取る力は、女性の方が長けているのではないでしょうか?

しかし実際に茶道の稽古を始めるとなると、毎月の月謝代やお茶会に行った際の会費、許状代など、費用は掛かりますので、「絶対にした方がいい!」と断言は出来ません。

ですが美しい所作や言葉遣いを身に付けるだけでなく、感性を豊かにし日々の生活の中で「四季の変化」を感じ取る事が出来れば、とても楽しいものですし、また心もリラックス出来ます。

美しい言葉遣いや所作、豊かな感性、両方兼ね備えている女性は、魅力的に映りませんか?(#^^#)

 

9 件のコメント

  • 和空間たしなみ 山田と申しまあす。
    ホームページを見せて頂き、大変勉強になりました。
    NHKで6ヶ月間 立礼のまねごとをしましたが、
    1年以上前なのできれいに忘れました。
    お茶の手ほどきを受けたいと思うのですが?

    • 山田様

      こんにちは。数あるサイトの中から、当サイトをご覧いただきありがとうございます。
      ご覧頂いたにも関わらず、お返事が遅くなってしまい大変申し訳ございませんでした。

      私は現在オーストラリアのシドニーに在住しておりますので、残念ながら山田様に茶道をお教えする事は出来ないのですが、
      当サイトが少しでもお役に立てれば、こんなに嬉しい事はございません。

      今後共、どうぞよろしくお願い致します。

      管理人 抹茶子

      • 抹茶子様
        お世話になります。
        以前、商社に勤めていたのでシドニーは気候は日本と反対ですが、とても良い所と聞いてており、日本に帰りたく無いのでは? 日本に帰って来た時は是非ご指導お願い致します。

  • 抹茶子様
    お世話になります。
    関西では中国からの観光客が東京を抜き1番です。
    一部の中国の方の最近の目的は大阪のディープの世界に関心を持ちている見たいです。一方、茶道にも関心があり、中国での茶室の需要はニッチな金持ちには人気があるみたいです。小生の夢は茶室、茶道の海外への輸出です。幸い武庫川女子大学の建築学部の先生に和空間たしなみの茶室を設計して頂きました 抹茶子様には是非とももご教示うう頂ければ幸いです。シドニーは茶道の文化はどうですか?

  • 抹茶子様
    お世話になります。
    茶室の真似事を小生なりに勉強しています。
    11月からは炉になり茶花はツバキを考えています、軸は数少ないなかで、風炉用の花とか都鳥はありますが、後は円相か喫茶去しかありまん、茶道具は分からないなりにヤクオクで調達しています、抹茶子様のご指導頂ければ幸いです。

    • 山田様

      ご無沙汰しております。

      丁寧なお返事を頂いたにも関わらず、ご連絡が大変遅くなってしまいました事、心よりお詫び申し上げます。
      秋以降、私用でバタバタしてしまい年末まであっという間に時間が過ぎてしまいました。

      2019年は山田様にとってどんな年でしたでしょうか?

      シドニーにももちろん茶道コミュニティやサークルは存在しますが、その主体となっているのはやはり裏千家で私が習っている武者小路千家はまだまだだと感じておりますが、
      私のブログでも以前記述したように、それは裏千家がこれまで培ってきた歴史を考えれば当然の事だと思いました。

      山田様の「茶室・茶道の海外輸出」という壮大な夢、本当に素晴らしいと思います。
      ここシドニーでも親日家の人は多く、茶道に興味を持っている人も多い印象を受けます。(特に和菓子や茶器類などに)

      もし、山田様の夢が叶いましたらきっと多くのオーストラリア人がもっと茶道と日本に興味を持ってくれるかもしれません。

      夢の実現にはきっとたくさんの困難や壁があるかもしれませんが、山田様の壮大な夢の実現を心より応援しております。

      お体にはくれぐれもご自愛しながら、頑張ってください。

      2020年が山田様にとって、素晴らしい年になる事を心よりお祈り申し上げます。

      日本は今、真冬の季節ですね。

      ご無理だけはされませんよう、お気を付けください。

      管理人 抹茶子

    • 山田様

      こんにちは。

      いつもお返事を下さいまして、ありがとうございます。

      洪水の被害はあまり無いように思いますが、森林火災の影響は私が住んでいるシドニーの中心部でも感じる事が出来ます。
      この火災の影響で10億匹以上のコアラと含む野生動物が、命を落としました。

      1月も後半に差し掛かりましたが、いまだに高温が続いており先日はシドニーでも最高気温が40度になりました。
      連日、現地のニュースで「過去最悪の森林火災」と報じられており、すでに4か月以上続いている状態です。

      一日も早い収束を願うばかりです。

      日本でも今、コロナウイルスの影響が心配されますね・・。

      山田様も体調を崩されませんよう、くれぐれもお気をつけください。

      抹茶子

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。