主な流派である【三千家】の成り立ち

皆さん、こんにちは!

では前回に引き続き三千家について、もう少し詳しくお話していきます。

数ある茶道の流派の中でも、この三千家は一番メジャーな流派ですがそれぞれはっきりとした違いがあります。

何回かに分けて「三千家」についてご説明していきますので、ご自分に合った流派を見つけて下さいね。

 

千家の成り立ち

 

 

前回の記事では千利休の孫である千宗旦(せんのそうたん)の子どもたちが「三千家」を作ったとお伝えしました。

要は千利休のひ孫達が「三千家」を作ったのです。

ん?孫達??利休の息子はどうしたの?と思われるかもしれませんね。

順を追って説明します。

 

初代:利休 わび茶のスタイルを確立した千家は、千利休を開祖としてスタートします。

しかしご存知のとおり、利休は当時の最大権力者である豊臣秀吉にうとまれ切腹を命じられてしまいます。

 

二代目:小庵(しょうあん) 千利休の養子になっていた少庵(しょうあん)が、利休切腹の後、秀吉に許されて京に千家を再興し、「不審庵」など利休にゆかりのある茶室を再建します。(「不審庵」は表千家の茶室となります)

また仏門に入っていた息子の宗旦を還俗させ、わび茶の普及に努めます。

 

三代目:宗旦(そうたん) 利休が確立したわび茶の厳しさを深く追求しました。

晩年には四畳半より更に狭い約二畳(一畳台目)の茶室「今日庵」などを建てていす。(「今日庵」は裏千家の茶室となります)

また、徳川家や加賀藩前田家に息子たちを茶頭として仕官させるなど、精力的に千家の復興及びわび茶の普及に努めます。

 

四代目: 次男宗守・三男宗左・四男宗室 (三千家のはじまり)

千利休のひ孫達つまり宗旦の息子達によって、いよいよ「三千家」が誕生します。

しかし皆さん、疑問に思いませんか?「三千家」を作ったのは、宗旦の次男、三男、四男で長男は跡を継いでいません。

普通なら長男が跡を継ぎそうなものですが・・・。

次の段落で詳しく見ていきます。

 

三千家の成り立ち

 

実は長男の宗拙(そうせつ)が、何故跡を継がなかったのかはっきりとした事は分かっていませんが、父親である千宗旦と仲が悪く勘当させられたという説もあります。

 

以下のようにまとめてみました。

 

長男:宗拙(そうせつ)
経歴が不明
父親である宗旦に勘当されたという説がある。もしくは加賀藩前田家へ仕官したとも言われているが詳細は不明

 

次男:一翁宗守(いちおうそうしゅ)
塗師へ養子に出されていたが、後に戻り「武者小路千家」を興す

 

三男:江岑宗左(こうしんそうさ)
正式な宗旦の跡取り「表千家」紀州徳川家の茶頭

 

四男: 仙叟宗室(せんそうそうしつ)
加賀藩前田家に仕官するが、後に「裏千家」を継承する

 

また疑問に思う方がいるかもしれませんね。

「長男が跡を継がなっかたのなら、次男が正式な後継ぎになるのでは?」と・・。

宗旦が隠居を決めた時、次男の宗守は漆屋に養子に出されていたので、三男の宗佐が千家の『不審庵』を継ぐ事になりました。

そして自身で『不審庵』の裏手に『今日庵』を作り、一緒に住んでいた四男の宗室が引継ぎ「裏千家」が出来ました。

また次男の宗守も漆師から茶人としての生きる道を選び、「武者小路千家」を作ったのです。

こうして、現在の「三千家」が誕生したのです。

正式な跡取りが「表千家」である為、「表千家」が本家筋、「裏千家」「武者小路千家」は分家筋に当たります。

そしてそれぞれの流派の家元が各地の大名に仕えたり、町人へ茶道への普及活動を広めた結果、「茶道=三千家」というイメージが根付きました。

 

しかし時代が進むにつれて、それぞれの流派の次男や三男が独立するなどして数多くの流派が登場するという事態が起きたのです。

流派が分裂しバラバラになる事を阻止しようと、表千家の7代目当主如心斎が、

千家を名乗るのは表千家、裏千家、武者小路千家の嫡男のみとし、他には名乗らせないと決めた結果、

現在、茶道の千家は「表千家」「裏千家」「武者小路千家」の3つのみとなったのです。

 

それぞれの流派の特徴や歴史については、別記事で詳しくご説明しますね!

 

まとめ

 

今回は茶道で一番有名な「三千家」の成り立ちについて、ご紹介してきました。

茶道の流派は一番有名な流派は三千家の3つですが、細かく数えると500近くあると言われています。

それだけ流派の数があるという事は、お点前のやり方や作法、道具などにも流派の数だけ違いがあります。

私もすべての流派を知っているわけではありませんし、私の先生も全部は知らないと言っていました。

しかし、それだけ流派があるという事は茶道をしている人がそれだけ多いという事なのです。

私にとってはとても嬉しいことです。

流派の大小はあるものの、すべては約1000年近く前に千利休から始まった日本が世界に誇る素晴らしい文化だと思います。

これほど長く一つの文化が続くのも、珍しいのではないでしょうか?

「茶道」というと、どこか「お嬢様がする習い事」や「稽古が厳しそう」や「肩がこりそう」などのイメージがあると思いますが、そんな事は全くありません。

私自身、お嬢様ではありませんし、稽古も厳しくなく肩もこりません。

むしろその逆で、お稽古をしている時はとてもリラックス出来ます。

お稽古中に聞こえてくる鶯の鳴き声や釜が沸く音、そしてお茶を点てる時の茶筅の音に耳をすますと日々の疲れが流されていくような気がします。

それは、私たち日本人の中に根付いている「わびさび」を感じる心があるからだと思います。

「わびさび」を感じながら束の間のリフレッシュとして茶道をしています。そうする事で、また頑張れる活力が沸いてきます。

この記事を見た方で、茶道に興味を持って下さるかたがいらっしゃれば、とても嬉しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。